>

余計なトラブルは回避しよう

商品を傷つけてしまったら

レンタルした商品だからといって、気を付けていたとしても、いつ何が起きるかわからないですよね。
そんな時に困らないために、利用する前に確認しておかなければいけないことがあります。
それは、商品を傷つけてしまったり、汚してしまったときです。
ちゃんとしたお店は、初めての方だけではなく、レンタルを利用するたびに、説明されます。
しかし、中には説明が不十分な店もないとは言い切れません。
そんな時は自分から聞いてみてください。
ほとんどの店は保証がついています。
条件に当てはまっているものに対しては保証してくれるのが、ほとんどです。
条件は店によって違うので、面倒かもしれませんが最初に条件を確認してください。
保証の説明はホームページに必ず記載されています。
保証がなかったり、条件の内容があいまいなお店は利用しない事です。
商品の販売価格を請求されたという事例もありますので、保証の問題は慎重になりましょう。

してはいけない事

どのお店でも共通してやってはいけないことがあります。
傷をつけた場合や、破れてしまったときに、自分で直そうとすることです
確かに焦って隠したくなる気持ちはわかりますが、自分で手を加えてしまうと、ほとんどが、買い取り扱いになってしまいます。
お店の人は素人ではないので、素人が治してもすぐわかってしまいます。
ここは正直に申告することが一番のようです。
傷をつけてしまったり、破いてしまったときは、まずその場ですぐお店に連絡をすることが必要です。
そしてどうしてこうなってしまったのか、状況説明をしましょう。
そうすると、お店側も、ちゃんと話を聞いてくれます。
言い訳や嘘は、ばれてしまったときに、ややこしいことになります。
借りてる以上は、最低のマナーをまもりましょう。


この記事をシェアする